スポンサーリンク

コールセンターのバイトはきつい?高校生と大学生や在宅はできる?

コールセンターのバイト きついorキツくない、どっち?バイトの体験談

コールセンターのバイトがきついかどうかは、
働く側の受け止め方にもよるので、正直個人差が大きいです。

ですが、きついという噂はよく聞くので、
クレーム対応や迷惑電話でストレスがたまりそうといったイメージがあるのかも(^_^;)

私は、実際にコールセンターでバイトした経験がありますが、
日によって充実感や達成感、疲労感の度合いは違っていましたね。

なので、コールセンターのバイトに入るたびに
毎回きついと感じるわけではありませんでしたよ。

この記事では、コールセンターのバイトの私の体験談を紹介しながら、
仕事内容と注意点やバイトはきついのかについてもお話ししています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コールセンターのバイトってどんな感じ?

コールセンターのバイトというと、どんな感じを想像されていますか?

コールセンターでバイトをしたことがない人は、
TV通販のイメージで制服を着たオペレーターがズラッと並んで、
お客様からの注文を笑顔で受け付けると思っている人もいらっしゃるかも。

あるいは、座り仕事で私は話好きだし、会話してお給料がもらえるなら、
むしろ天職!結構楽しんで働けそう♪

なんて感じている、超ポジティブな人もないらっしゃるかもしれませんが、
残念ながら、その考えはちょっと安直すぎるかも(-_-;)

私がバイトしていたコールセンターは、
デスクにパソコンと電話機とヘッドセットが置かれ、
かかってきた電話をひたすら受けるという感じでしたね・・・。

ちなみに、私はいくつかのコールセンターでバイトしていましたが、
ほとんどが事務職みたいなオフィスやデスクでの勤務でした。

コールセンターのバイトの仕事内容

コールセンターのバイトは、
クライアントの業種や業務内容によって少し違ってきます。

というのも、コールセンターのバイトの業務には、
発信業務(アウトバウンド)と受信業務(インバウンド)があって、
電話をかける発信業務と電話を受ける受信業務では、応対が全然違うんですよね。

アウトバウンドとインバウンド

発信業務とは、アウトバウンドともよばれ、
コールセンターからお客さまに向けて電話をかける業務。

あなたもフリーダイヤルから電話がかかってきたことってありませんか?

あの電話がいわゆる発信業務で、テレアポの要素も強いので、
ノルマやインセンティブが付く場合も多く、時給も高めに設定されていたりします。

一方、受信業務はインバウンドとよばれ、
お客さまからコールセンターが電話を受け、
問い合わせや相談、注文の受付などの応対をするのが主な業務。

一般的には、多くの求人が受信業務になるのですが、
受信業務でも折り返しお客様に発信(架電)しなければならないときは、
受信ばかりでなく、こちらから発信することも必要になります。

具体的には、通販受付の電話を受信したけど、
聞き忘れた事項や確認事項に漏れがあった場合、架電するといった感じ。

でも、最近は携帯電話にかけても、知らない番号からかかってくると、
着信拒否している人もいらっしゃるので、
電話がつながらなくて困ることもありましたね。

コールセンターのバイトは高校生と大学生・在宅もできる?

コールセンターのバイトは、平均的に時給もよいことが多いので、
高校生や大学生の人も気になりますよね。

シフトも自由なことが多く、未経験可の場合もあるし、
なにより短時間でサクッとバイトで稼げたら助かりますからね^^

高校生と大学生の場合

高校生と大学生でも、コールセンターのバイトの求人はあります。

ただ、なんとなく求人の傾向を見ていると、
受信業務(テレオペ)よりも、発信業務(テレアポ)のほうが多い気がします。

発信業務は、電話をかけて新商品や新サービスを案内したり、
おすすめの美容商材やお得なサービスの案内などが中心。

つながらないことも多いし、断る人はすぐに切られてしまうので、
一日にかける電話の件数はとても多いと思いますね。

いくら座り仕事でも、断られまくるとメンタルがやられそうという人は、
ちょっと向いてないかもしれませんが、
仕事だからと割り切れる人は、チャレンジしてみるのもいいかもしれません。

一方、受信業務といえば、通販の注文受付や
カスタマーセンターなどのお困りごとの対応などが中心。

テレビショッピングなどで、放送が流れた途端にひっきりなしに電話が鳴ったり、
カスタマーセンターだとトラブルで電話をかけているのに繋がりにくくて、
やっと繋がったときには、イライラがMAXになってるお客様も多いかったり。

当たり前ですが、座り仕事で会話だけしていればいいというわけでもなく・・・。

私も経験が何度もありますが、正直イレギュラーというか、
マニュアルに記載のない想定外のお電話が入ることもあって、
応対のパターンが無数にあるんですよね。

それでいて相手はお客様なので、臨機応変に対応しなければならず、
人生経験が豊富な方が柔軟に対応できるいうという理由なのか、
受信業務は20代後半から60代までと年齢層は幅広く感じます。

あくまでも、私の主観も入っていますが、
私が過去にバイトしていた受信業務のコールセンターは、
30代、40代、50代が中心で、中には60代の方もいらっしゃいましたね。

たしかに、年齢の高い方は話し方が穏やかな方が多いですし、
応対を聞いていると勉強になることも多かったです。

在宅の場合

コールセンターのバイトは、現在在宅の求人もかなり増えています。

パソコンやヘッドセットを持っていない場合、
貸出をしているところもありますが、インターネット環境は必要になります。

また、しばらく通勤で勤務で研修を受けてから在宅でバイトすることができたり、
在宅でも月に何日間か出社を求められる場合もありますね。

ただ、基本的にコールセンターの勤務時間は、自由度が高いので、
勤務時間に制約がある人にはおすすめのバイトになります。

環境さえ整っていて条件が合えば、在宅でのバイトも視野に入れるのはありでしょう。




時間に縛られない在宅バイト「コールシェア」

コールセンターの仕事は未経験でもできる?【私の体験談】

私は、腰を痛めていた時期に座り仕事のバイトがしたくて、
登録バイトのお仕事検索で、コールセンターのバイトを見つけました。

ただ、全くの未経験だし、最初からレギュラーワークが不安だったので、
期間限定や単発バイトできるコールセンターがないか、
ダメ元で探していたら、なんと運よく発見して採用されちゃいました!

とりこし苦労もどこへやら、無事にお仕事を紹介してもらえましたが、
いろいろあってなぜか長期派遣でバイトすることに(@_@)

なので、私の体験談をでもわかるように、
コールセンターのバイトは、未経験でもOKな場合も多く、
オープニングで大量募集で採用されやすい場合もありますよ。

とくに、24時間稼働するコールセンターなんかは、
常に人手不足のようで、逆に狙い目かもしれません。

未経験の初出勤日

私は全くの未経験だったので、初出勤のときはもうガチガチでした(・_・;)

コールセンターの業務自体が初めてだし、
現場に到着してもひとりだし、とにかくめっちゃ不安でしたね。

初日は、30分くらい仕事の手続きとか、会社の注意事項とかを聞いて、
トレーナーさんから業務のレクチャーを1時間ほど受けて業務に入りました。

当たり前ですが、初日からバンバン電話をとるので、
私のハートはもう緊張でバクバク!

最初はビビって受け答えもおどおどしてしまいましたが、
「電話をとらんことにはコールセンターの仕事はできん!」と、
腹を決めてやり始めたら、意外と早く慣れましたε-(´∀`*)

ちなみに、私がコールセンターのバイトでお世話になった会社の業務内容は、
通販の受信業務が中心。

つまり、テレビショッピングの注文受付です。

ということは、放送直後はめちゃくちゃ電話が鳴る、鳴る、鳴る!!

1件完了したらすぐに2件目を受信してと言った具合で、
そりゃ、もう水を飲む暇もないくらいで、
慣れるまでは正直ちょっときついと感じました。

でも、慣れてくると時間が経つのも早いし、
こんなもんかなって思えるんですけどね(´・ω・`)

仕事の流れとスピード感

仕事の流れは、電話が鳴ったらすぐに受信して注文を聞けばよく、
通常はトークマニュアルがあるので、それに沿って話していけば大丈夫。

お客様とヒアリングしながら、
同時に受注内容をパソコンのシステムに入力していく感じ。

つまり、通話とパソコン入力を同時にこなすことになるので、
どんなに会話が上手くても、パソコン操作に慣れてないと、
最初は少し大変できついかもしれません。

ただ、難しい操作はないので、タイピングとテンキー入力ができれば、
ほぼ困ることはなく、タイピング速度も早いに越したことはない程度ですよ^^

私のバイト先では、だいたい1入電あたり15分程度で完了の業務が多かったですね。

でも、なかには30分以上話し続けて電話を切れない状況になったり、
5分程度でとにかく注文を取りまくる業務もあって、
勤務日によって若干の違いがありました(^_^;)

スポンサーリンク

向いている人と向いてない人の特徴

コールセンターの仕事が初めての人は不安も多いと思うので、
向いている人や向いてない人についてお話しますね^^

基本的に、コールセンターは電話でのやり取りになるので、
自分の姿は相手に見えません。

なので制服なんてありませんし、もちろん服装も髪型もネイルも自由!

ファッションや髪型にこだわりがある人やネイルが大好きな人は、
コールセンターのバイトは働きやすい職場になのかもしれません。

実際に、私がバイトしていたコールセンターでも、
個性的なファッションやこだわりのある髪型の人も多かった印象ですね。

また、会話をするのが基本のお仕事になるので、
初対面の人でも話をすることに抵抗がない人や、
接客業が嫌いではない人は向いていると思いますが、
電話は、対面と違って相手の表情を見てることができません・・・。

お客様の感じは、声のトーンから判断するしかなく、
しかも、必ずしも自分と気の合う人ばかりとは限りませんよね。

ときには、苦手なタイプの人とも会話しなくてはいけないので、
そこは仕事と割り切れる人でないと、メンタルがやられてしまいますよ(T_T)

メリットとおすすめしたい人

立ち仕事ではなく座り仕事なので、私のように脚がちょっと悪い人は楽ですが、
座りっぱなしだと、腰が痛くなることもあって一長一短な気もします(^_^;)

あと、世話好きな人や人と話すのが好きな人は基本おすすめできるお仕事。

それに、会話が好きなら時間が過ぎるのが早いと感じるかも知れませんしね。

ただ、あくまでも仕事なので、電話をかけてくるお客様と
電話をかけるお客様は、こちらからは選べません・・・。

なので、お仕事なので会話は自分のお友達のように、
いつも楽しくというわけにもいかなかったり(^_^;)

しかも、お友達であれば言いたいことを言って、
喧嘩のひとつもしたって、どうってことないかもしれませんが、
そこはお仕事なわけで相手はお客様なので難しいですし・・・。

また、コールセンターの業務内容によっては、
商品知識を高めるために試供品がもらえたり、
ノルマ達成で景品?がもらえたり、
社販で安く商品を購入できることもあるかも!?

そういうことは、コールセンター業務に限ったことではないですが、
そういったことがあれば、ちょっとラッキーですよね。

あとは、隣の人と席が近いので、
隣の人の年齢にもよりますが、すぐに仲良くなれて友人が増えたり♪

席が固定でないコールセンターの場合は、
隣に座る人も日によって変わるので、色んな人と知り合いになれました。

デメリットと注意点

まず、個人情報を取り扱っているので守秘義務があり、
飲み会の席などでそういった話をうっかり話すのはNG!

あとは、会話をしながら同時にパソコン入力もするので、
人との会話が得意でも入力作業が苦手だと、最初は大変です(T_T)

また、ノルマがある業務だとそれを負担に感じたり、
マニュアルにないことを聞かれて、臨機応変に対応できず、
焦っておろおろしまう人は、疲労感が出るかも。

ポイントとしては、とにかくお客様を不安にさせないことが大切!

なので、わからないことがあっても落ち着いて対処していれば、
パニックにならなくても大丈夫なんですけど、
まあ、最初はなかなか難しいかもしれませんね・・・。

私だって、焦ってなかなかうまくいかないこともよくありましたもん(´Д⊂

あとは、自分のせいでなくてもひたすら謝ることも多いので、
それが仕事とわかっていても理不尽さに納得できない人は、
ちょっと向いてないかもしれません。

コールセンターのバイトのまとめ

私は、単発バイトでコールセンター業務に興味を持ちましたけど、
それまでは、軽作業とか飲食店なんかの単発バイトが多くて、
コールセンターは全く未経験。

初めてで不安も多かったけど、どうしても座り仕事がよくて、
コールセンターの長期派遣の時給に釣られて始めた感じです(*´ω`*)

コールセンターのバイトが気になっているけど初めてで不安な人は、
長期バイトでなくても、単発バイトでも探せるので、
自分に合っているかどうか、1日だけお試してみるのもいいかも。

嫌なら次から入らなくていいし、単発バイトなら気が楽ですよね(*^^*)

それで、もし仕事内容が合っているかなって思ったら、
バイト以外にも、紹介予定派遣(ゆくゆく契約社員とか正社員になれる)とか、
そんな働き方もあるので、まずはやってみるというのもアリだと思いますよ^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
単発バイトの女王
【かりん】単発バイトの女王

はじめまして。
転職回数8回!今まで経験したバイトは50種類以上!管理人の【かりん】と申します。
バイトの経験なら誰にも負けない自信あり♪自称「単発バイトの女王」
働くことが大好きなのに、なぜかお金は貯まらず、40歳から自分を変える意識改革に挑戦中。
現在も正社員で働きながら、2つ以上の副業を継続しつつ、
単発や短期バイトの体験談を中心に、おすすめのバイトの探し方から面接対策や履歴書の書き方など応募のコツも実体験をもとにご紹介しています(^^)/

【かりん】単発バイトの女王をフォローする
バイトの体験談
【かりん】単発バイトの女王をフォローする
40's Tackle ~50種類以上のバイトを経験した40代女子の体験談~
タイトルとURLをコピーしました