冷蔵庫の仕分けのバイトは寒いの?体験談をお話します♪

冷蔵倉庫の仕分けのバイトの体験談と注意点 登録バイトの体験談

冷蔵庫の仕分けのバイトって聞くと、寒くてお腹が冷えそうとか、
どんな服装で働くのがよいかとか、気になることってたくさんあるはず^^

私は短期で2ヶ月間、冷蔵庫の仕分けのバイトをやっていたので、
体験談をひとことで話すと、
『繁忙期は仕事が超忙しいので、寒さはあまり気にならない!』です。

ちなみに、私は大手運送会社の某センターで仕分けのバイトをしていて、
体験談はそのときの内容に限定されていますから、その点はあしからずm(_ _)m

冷蔵庫の仕分けのバイトなので、本当は夏に体験しておきたかったけど、
バイトした時期は、お歳暮と正月のお取り寄せが激増する真冬でした。

冷蔵庫の仕分けのバイトの体験談

仕事内容は、基本的に宅配便の仕分けのバイトと同じ流れです。

要は何が違うのかといえば、冷蔵か冷凍状態の荷物ってとこが違うだけ。

私がバイトしていた大手運送会社のセンターでは、
冷蔵か冷凍の作業場所は、チルドって呼ばれていましたね。

仕事の流れ

チルドは、冷蔵のエリアと冷凍のエリアに分かれていて、
まず、どちらもトラックで運ばれてきた荷物をコンベアーに流す人がいます。

次に、コンベアーに流れた荷物を各レーンのピッキング担当が、
仕分けコードを見ながら自分のレーンに引っ張り込む(・o・)

たしか、冷蔵と冷凍の荷物は、一定時間づつ交互に流されていたと思います。

当たり前ですが、後方の担当になればなるほど、
前方で荷物がピッキングされているので、作業は楽になりますが、
逆に、前方のピッキング担当に配置されている人は、そりゃもう大変٩(๑´0`๑)۶

冷蔵の荷物は、重たいものも多くて、とくに女子には結構な力仕事。

冬なんて、おせちや新巻き鮭とか海産物のギフト関連でごった返しますよ!

その後、ピッキングでコンベアーからレーンに引っ張り込んだ荷物は、
地区ごとに区分けされているトランクに入れていきます。

これ、トランクって呼んでいいのかわからないんですけど、
要は冷蔵庫機能付きのカート、移動式冷蔵庫(冷凍庫)って感じ。

それで、この作業が冷蔵と冷凍の現場でひたすら繰り返されるのですが、
各レーンには荷物を引っ張るピッキング担当と、
冷蔵庫や冷凍庫に荷物を入れる収納担当がいて、人数はたったの2~3人!

この人数、実は宅配便の仕分けに比べたら、圧倒的に少ないんですよね(^_^;)

それでも、冷蔵庫に荷物を入れる収納担当は、
ひたすらコードごとに分けながら、荷物を冷蔵庫や冷凍庫に収めていきます。

手際がいい人は、荷物のさばき方に無駄がなくて、
仕事のできるレギュラーバイトさんとペアになると、
バイトがめちゃくちゃスムーズにいきますが、これはその時の運次第。

そうはいっても、収納担当も量が膨大なので、結構作業量が多くて大変。

地域によっては荷物がめちゃめちゃ多かったり、
荷物で溢れかえって作業が進まなかったりという感じでした。

ただ、私のような短期バイトの多くは、
まずピッキングの担当に割り当てられるので、とにかく腕と目が疲れましたね(+_+)

さらに、荷物がすべて流れ終わったら、ビニールシートを被せて冷蔵庫をロック。

冷蔵庫に地域の区分を貼り付けて、トラックの配送地点まで運びます。

荷物の量がものすごく多いので、何度も往復して、
冷蔵庫や冷凍庫を何個も引っ張って移動させるんですが、
冷蔵庫は大きので前が見にくいし、ぶつかったりしたら危険なので、
注意して運ばないといけません。

このとき、両手て引っ張って冷蔵庫を移動させないと、
社員さんに叱られちゃいますから、注意してください(^_^;)

作業の注意点

仕分けのバイトををいろいろとやってみて気づいたのですが、
荷物の仕分けのやり方も、運送会社によって少し違いがあると感じました。

ピッキングのコツ

たとえば、ゆうパックの場合は、ピッキング担当はあまりいなくて、
バーコードの読み取りで、自動で各レーンに流れてきたりするのですが、
クロネコでは各レーンに目視で荷物を引っ張り込むので、かなりの動体視力が必要。

というのも、荷物の流れがゆっくりのときはコードを見る余裕があるのですが、
荷物の量が増えてコンベアーのスピードが早くなったときには、
荷物のコードが目で追えなかったりするんです!

マジでスピードが急にアップするので、じっくりコードを見てられなくて、
一瞬でも迷いが出ると、ピッキングが総崩れになります(^_^;)

ピッキングのコツは、自分と同じ位置に来る前にコードを見ること。

自分と同じ位置に荷物が来たときにコードが見切れてなかったら、
その荷物は見捨てたほうがいいかも。

でないと、全体のリズムが狂うので、ほかの荷物も取りこぼすことになりがち。

あとは、事前に視力が良いか悪いかを確認されて、
私はメガネっ子だったので、たいてい後方のラインに配置されていましたね。

冷蔵庫前の荷物整理

ピッキングした荷物は、なるべくコードごとに冷蔵庫の前に並べて、
収納しやすくするほうがいいのですが、なにせ荷物の量が多すぎるので、
そればかりに気を取られていると、荷物をさばくのが追いつかなくなります(^_^;)

しかも、前方での取りこぼしが多いと、
一番後方のラインが荷物で溢れかえってしまい、
身動きも取れないほど荷物で埋め尽くされていきます(T_T) ←経験済み

こうなると、完全に一番後方はパンク状態になってしまい、
最終的にはラインが止まっても、
延々とたまった荷物を処理していくことになります(@_@;)

おすすめの服装

真冬だと、冷凍庫だから寒い寒くないとかいう話以前に、
日本が全体的に寒いんだから、真冬の格好していたらまず大丈夫。

でも、チルドの倉庫が寒いか寒くないかといえば寒いです。←当たり前ですが(^_^;)

なので、スノボウェアとか着古したダウンジャケット(薄手)なんかがおすすめ。

私は、着倒したショート丈のダウンジャケットにハイネックのインナーを着て、
背中にカイロを貼るのが基本。

とくに今日は冷えるなと思った日は、追加でお腹にもカイロを貼ってました(笑)

同じ短期バイトで仲良くなった同年代の人が、
初日に冷えてバイト中にお腹を壊して大変だったと言っていたから、
おなかも冷やしちゃいかんなって、私なりの予防策予防ですね(~_~)

ラインが流れはじめると、なかなかお手洗いに行きにくいですもんね。

冷蔵庫の仕分けのバイトのまとめ

私がバイトしていた某センターでは、
チルドの作業現場が体育会系で、軍隊みたいなノリだった(笑)

集合がかかったたら、ダッシュでリーダーのもとに集合!みたいな感じ。

体育会系の人には面白いノリかもしれませんが、
そういうのが苦手な人は、嫌になるかもしれないなってちょっと思いました。

ちなみに、私はバリバリの体育会系なので、全然平気でしたけど。

ちょっと中学校の部活動を思い出しましたね。←懐かしいな(*^^*)

センターごとに雰囲気には違いがあると思うので、
一概には言えないし、こればかりはやってみないとわからないですね。

チルドの仕分けのバイトは、経験がなかったので、
はじめる前は、寒いのかなとか服装はどうなのかとか、
とにかく不安がてんこ盛りの状態(ヽ´ω`)

でも、いざ体験してみるとバイトの業務内容のハードさに、
寒さや服装の心配なんてどこやら。

荷物をとにかく引っ張り込むことだけに全集中して、
気がついたら、あっという間にバイトが終了していましたね(^_^;)

とにかく、作業スピードが早いので、最初慣れるまでは常に必死ですが、
何日かバイトに入ればそのうち体が覚える感じ。

それに、宅配便の仕分けより汗だくにならないし、
女性のバイトさんも多いのは心強いかも。

暑がりな人や、動体視力に自信がある人、
体育会系のノリが大丈夫な人にはおすすめかなと思います^^

タイトルとURLをコピーしました