スポンサーリンク

バイトで週一だけしか入れないと迷惑で実際は仕事を覚えられない?

週一だけの第とは迷惑?登録制・在宅もおすすめバイトの探し方

バイトはしたいけど、学校や家庭の都合で週一だけ働きたいとか、
週一しか入れない場合、応募をためらうことってあるのかも。

もしくは、いままでレギュラーで入っていたバイトを
週一のシフトにするとバイト先に迷惑がかかると心配な人もいるかも知れません。

たとえ、募集事項に『週一からOK』と記載があっても、
実際には迷惑に思われるかもしれないとか、
なかなか仕事を覚えられないってなったらどうしようとか。

自分の都合でシフトに融通がきかないとなると、
そもそも採用されるのか、クビになるんじゃないかと不安になってしまいますね。

この記事では、バイトが週一だけしかできない人に向けておすすめのバイトや
週一でバイトすることになったときの対処法などをご紹介しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイトは週一だと迷惑なのか?

バイトを週一で始めたい場合、バイト先にとって迷惑かどうかは気になるもの。

そもそも週一のバイトの募集があるのかとか、
せっかく採用されても、なんとなくあたりがきついとか、
結局やめなければならなくなったら、つらいし困りますもんね。

バイトは週一でも探せる?

バイトをするのに週一だけしかシフトに入れない場合、
条件にあったバイトを探すのは少し大変かもしれません。

でも、実際にバイトを探してみると、
意外と週一からでも応募が可能という記載は多いんです。

ただし、本当に週一からでもOKなのかは気になりますね・・・。

なので、バイトは週一からでも探せるのですが、実際に採用されるかは別問題。

バイトは週一は迷惑で嘘の場合もある?

バイト先が週一の勤務が迷惑だと考えているかどうかは、
本音と建前は違いますし、実際のところは不明です。

もしかしたら、嘘と思う人もいるかも知れませんが、
必ずしも嘘ということでもないと思います。

というのも、実際には最低が週一という条件で、
入れるときはたくさんシフトに入って欲しいという意味かもしれませんし。

ただ、応募が多かった場合は、シフトにたくさん入れる人を優する傾向はあると思いますが。

なので、本当に週一でも迷惑と思われずにバイトできるのか、
確認できたらしたいところですが、聞きづらい場合が多いと思いますので、
バイトが週一でも迷惑と思われずに働けるバイトをのちほどご紹介します。

バイトを週一に減らしたら迷惑でクビになる?

これまで、一生懸命バイトを頑張ってきた人も、
誰もが人生の中で不測の事態ってあるものです。

例えば家族の介護でバイトを減らさければならないとか、
病気になってバイトの日数を減らす必要があるとか、

まさか自分がというようなどうにもならないことって、
実際に身近にあるんですよね・・・。

そんなときは、あなたの普段の勤務態度やバイト先のスタッフの人数や
バイト先の忙しさの度合いにもよると思いますので、
必ずしもクビになるというケースばかりではないのでは?

人手不足であれば、週一でもベテランのバイトが残ってくれる方が、
バイト先もメリットになることはありますし、
社員さんやリーダーにまずは相談してみるのがよいと思います。

バイトは週一だけの人におすすめの探し方

バイトはしたいけど、学校や家庭が忙しい人は、
とにかく時間がない!という人が多いと思います。

そんな人は、自宅の近くでバイトを探して通勤時間を短縮したいもの。

時間がない人にとっては、電車の待ち時間も惜しいですし、
掛け持ちで働く人は、自転車で移動できたりすると助かりますよね。

求人サイトやアプリで探す

スマホやネットなどの求人サイトやアプリでバイト探しをするなら、
『バイト 現在地周辺』や『バイト 地図から探す』で検索するのもあり。

また、あまり自宅の近くで働きたくないという人も
中にはいらっしゃるかと思いますが、
そんな人は『週一からOK』という検索条件で絞り込んで探したり・・・。

最近では、スキマ時間に履歴書も不要で、
サクッとバイトができる専門のアプリも登場。

バイトの働き方って、昔とずいぶん変わったなって思います(^_^;)

登録性のバイトで単発を探す

週一しか入れない人で、バイトが自宅近くでなくてもよければ、
登録制のバイトに登録しておいて、紹介してもらうのもおすすめ。

私は、これまで数え切れないくらい登録制の単発バイトでも働きましたが、
本当にド短期の1日だけという仕事も紹介してもらえますし、
コンスタントに入りたい日にちだけに応募できる仕事もあります。

また、登録バイトの最大のメリットは、1日だけの日雇いバイトってところ!

もしも、バイトの仕事内容が自分に合わないなと思ったら、
次から別のバイトに応募すればいいだけなので後腐れもなし。

ただし、登録バイトでも人気の仕事は、募集人数に対して応募者が多すぎるので、
紹介前に選考があって、選考で漏れるとそのバイトに入れない場合も。

そのときは、別のバイト先に応募したり、紹介してもらえたりもしますが、
バイトの募集案件自体が少ない日は、働けないこともあります(T_T)

でも、登録バイトの中には、勤務後に現金手渡しでという場合や、
早めにお給料を振り込んでもらえる即払いのシステムを導入しているところも多く、
急に現金が必要になったときにも、登録バイトは心強い味方。

実際にバイトするかどうかは別として、登録だけしておくのもおすすめです。

人手不足の業種からバイトを探す

常に人手が不足しているという業種は、週一のバイトでも採用して、
とりあえず人員を確保したいという傾向もあるようです。

なので、人手不足になっている業種を狙ってバイトを探すのもあり。

一般的に人手不足になりやすい業種は、介護関係と警備員といわれますが、
夜勤のある業種であれば、入れ替わりが激しいので、
週一のバイトでも採用の確率は上がると思います。

また、家庭教師、塾講師は週一ペースで何コマか授業を受け持つパターンが多いので、
稼ぎたければ、何コマか掛け持ちすればよいし、
自分のペースでよければ、週一でも採用される可能性は高まりますね。

在宅のバイトを探す

少し前ならなかなか難しかった在宅のバイトも、
テレワークが普及した現在は、以前よりもかなり探しやすくなっています。

在宅のバイトなら面倒な通勤も不要ですし、
自宅で好きな時間に働けるバイトも多いので、忙しい人にもおすすめ。

在宅のバイトが気になる人は、『クラウドワークス』や『ランサーズ』、
シュフティ』などの在宅のバイトに登録してみるという手も。

中には、自分の時間を売る『タイムチケット』というサービスも面白いかも。

何かしら特技やスキルがすでにある人は、自分の強みを活かして、
ノウハウを販売することも可能^^

ブレイン』や『ココナラ』と『note』に『ストアカ』、『スキルクラウド』など、
最近は自宅にいながら、自分のアイデアやスキルを販売できる方法も!

在宅でもスキマ時間に高時給で働ける可能性もありますし、
好きなことや得意なことで自由に稼ぐことも、現在は可能な時代。

スポンサーリンク

高校生や大学生におすすめの週一バイト

高校生や大学生でバイトしたい人の中には、
どうしても週一しか働けないという人も多いかもしれません。

そんなシフトにあまり入れないという、
高校生や大学生におすすめのバイトを紹介します。

高校生におすすめの週一からのバイト

軽作業
ファーストフード
ポスティング

大学生におすすめの週一からのバイト

軽作業
塾講師・家庭教師
イベントスタッフ
デリバリースタッフ

軽作業は単純作業が多いので、
初めてでもマニュアルどおりにすれば簡単なものが多いです。

短期や単発で働ける登録制のバイトにも募集は多いので狙い目。

日々の人数確保が重要になるので、一日だけでも問題なく働けますし、
勤務時間も幅広いので、自分にあった時間帯を選べる可能性も高いです。

ポスティングは、チラシをポストに配るだけの単純作業で、
スキマ時間にできるところがポイント。

ただし、時給ではなく歩合制になる場合が多いので、
稼げるかどうかは微妙なところがありますね。

バイトが週一でも迷惑に思われないコツ

バイトに週一だけという条件で採用された場合、
実際には週一だけで迷惑じゃないか、気になる人もいるのでは?

私は、週一からOKのバイトをいくつか経験していますが、
そんなバイト先はとにかく人数を確保しないといけない場合も多く、
バイトの頭数を増やしておきたいという思惑があるような気も。

バイトがドタキャンとかバックレした場合、すぐに補填できないと困るので、
もしも週一しか働けないという条件で採用されたなら、
そこまで引け目を感じなくてもよいと思いますね。

それでも、採用担当者さんも人間なので、
やはりシフトにたくさん入ってくれる人を優遇してしまうのが人情というもの。

ただ、私はそんな人情よりも一緒にバイトするほかのスタッフに、
実際はどう思われているのかのほうが気がかりでした。

週一でしかバイトに入れないと、仕事を覚えられないかもしれないというのは、
自分自身もバイト先でもお互いに不安はありますよね。

もし、なかなか仕事が覚えられないと、
他のスタッフから1回教えた仕事をすぐ忘れるとか不満が出て、
バイト同士のコミュニケーションに問題が出てくることも。

なので、私はなるべく問題を起こさず、言われたことは必ずメモをとり、
明るくハキハキした対応を心がけていましたね。

もちろん、バイトの仕事は努力して早く覚えるようにしていました。

週一でしかバイトできなくても採用された以上は、
ほかのスタッフに迷惑をかけないように心がけたいものですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
単発バイトの女王
【かりん】単発バイトの女王

はじめまして。
転職回数8回!今まで経験したバイトは50種類以上!管理人の【かりん】と申します。
バイトの経験なら誰にも負けない自信あり♪自称「単発バイトの女王」
働くことが大好きなのに、なぜかお金は貯まらず、40歳から自分を変える意識改革に挑戦中。
現在も正社員で働きながら、2つ以上の副業を継続しつつ、
単発や短期バイトの体験談を中心に、おすすめのバイトの探し方から面接対策や履歴書の書き方など応募のコツも実体験をもとにご紹介しています(^^)/

【かりん】単発バイトの女王をフォローする
バイトの探し方
【かりん】単発バイトの女王をフォローする
40's Tackle ~50種類以上のバイトを経験した40代女子の体験談~
タイトルとURLをコピーしました