パン工場の短期バイトの体験談♪パンが無料で食べ放題?

パン工場の短期バイトの体験談 無料でパンが食べられる? 未分類

パン工場の短期バイトの体験談を人に話すと、なぜかいつも大ウケしてしまう私。

実は私、これまで数社のパン工場で短期バイトしたことがあって、
その中でも1番長く働いたのが、大手の製パン工場で2ヶ月ほど夜勤バイトしたこと。

このときは、まだ20代と若かったですが、仕事もきちんと真面目にこなして、
毎回残業も1~2時間は対応させてもらったので、
仕事内容もばっちり説明できますよ(*^^*)

パン工場の短期バイトの体験談からすると、仕事内容は単純なので難しいことはありません。

でも、製造量が多いとラインスピードが早いし、同じ動作を数時間ひたすら繰り返すので、
そのあたりが苦手という人はツラく感じるかもしれません。

では、ときどき笑いも交えながら体験談をお話していきますね♪

パン工場の短期バイトの体験談

私は料理や食に興味があるせいか、フード系のバイトや食品工場の作業が比較的好きで、
登録バイトの短期バイトはもちろん、単発でもよく仕事をしています(*^^*)

中でも、短期バイトで長めに仕事をしたのは22歳くらいときで、
あの有名な大手の製パン工場で働いていましたよ。

その時は、夜勤で約2ヶ月間、だいたい週3~4日くらいのシフトで短期バイト。

理由は、卒論を書くためのパソコンを購入したくて、
短期バイトと大学と就活がライフサイクルでした(^_^;) ←根性あるでしょ!?

仕事の探し方【短期バイト】

パン工場の仕事の探し方は、パン工場が忙しくなりそうな時期に求人情報を見ること。

一時的に忙しくなるシーズンというのは、夏休みと冬休みのほか、
バレンタインやひな祭り前後とこどもの日やお彼岸の時期などですね(´∀`*)

こういった一時的に人手が必要な時期は、短期バイトで大人数の求人募集があって、
とにかく人数を集めたい様子なので、面接も健康そうな人ならまず大丈夫かと思います。

私なんて、面接に行ったら『いつから週何日入れる?』みたいな感じだったので(笑)

しかも、工場の直雇用でも短期バイトが不足するようなら、
派遣などの登録バイトでも求人が募集されることもあるようです。

実際に私は、直雇用で短期バイトした経験と、登録バイト経由で短期バイトした経験があって、
どちらかで待遇が違うと感じたことはないですが、少し時給の差はあるかもしれません(^_^;)

仕事の内容

パン工場の短期バイトの仕事内容ですが、
実はこの仕事内容というは、配属される課によって全然違うんですよね・・・。

私が短期バイトで働いていた大手の製パン工場は、
食パン課、ドーナツ課、洋菓子課、和菓子課など、
それぞれ製造する商品の内容によって、課が分けられていました。

ちなみに、私は和菓子課と洋菓子課で働いたことがあります(#^.^#)

仕事内容は、難しいことはないのですが、
とにかくラインの流れが早いことが多く、スピードに着いていくのが大変(@_@;)

自分のところでもたもたするとラインが止まるか、後工程の人に迷惑がかかったり、
最悪、商品ロスに繋がることになるので、流れに乗ることが一番のポイントですね。

和菓子課

和菓子課の仕事内容は、饅頭や餅類にどらやきなどの製造に加えて、
どら焼きなどの箱詰め作業や、ホットケーキやワッフルの包装なども担当しました。

私が短期バイトしていた頃の和菓子課では、饅頭の製造量がものすごく多くて、
短期バイトに行くたびに、ほぼ饅頭の製造ライン(一番しんどいポジションらしい)に配置されるので、
毎回やってくる饅頭地獄に泣きそうになりましたよ(T_T)

そんなとき、饅頭ではなくホットケーキやワッフルの横にマーガリンとシロップを添える作業や
個包装されたどら焼きを番重に並べたり、箱詰めする作業を割り当てられると
ちょっと生き返った心地がしましたもんね(´・ω・`)

洋菓子課

洋菓子課に派遣されたときは、クリスマスシーズン前だったので、
ひたすらショートケーキを作っていましたね・・・。

なので、ショートケーキづくり以外の作業は、逆にあまり記憶がないんですm(_ _)m

短期バイトは、いちごの洗浄やヘタ取り、スポンジにフルーツをばらまいたり、
デコレーションしたショートケーキに蓋をしたり、と単純作業がほとんど。

社員さんのひとりが、飾りのホイップクリームを手絞りしていて、
あまりの作業量に『手が腱鞘炎になりそう・・・』と、
ひとごとながら心配したような記憶はありますね(^_^;)

仕事の流れ

パン工場の短期バイトの仕事について、大まかな流れを説明してみますね^^

1.商品を製造するため、材料を計量して機械にに投入!←これは社員さんがしてくれます。

2.製造ラインが流れ出したら、自分の担当の作業を黙々とこなす。

3.出荷量が多いときはこの作業が何時間も続く・・・。

4.焼いたり、蒸したり、揚げたりして商品が出来上がると、機械で包装。

5.このとき、商品の横に添えるものがあれば、人の手作業になる

6.包装された商品を決められた個数だけ番重に並べて、番重を決まった高さまで積見上げる。
このとき、箱に詰めることもあり

7.一定の高さまで番重が積み上がったら、出荷へと運ばれる。

さっとこんな感じで、仕事がどんどん流れていましたね(*^^*)

パン工場の短期バイトの注意点

パン工場だけでなく、ライン作業に多いのが、
ラインがいったん流れ出すと簡単には止められないということ!

ラインを止めてしまうと、機械が止まってしまうので、
製造ロスが増えてしまいます(^_^;)

おそらく、大手の製パン工場では、準備時間や製造ロスもきちんと数字で評価が出るので、
社員さんたちもあまり機械を止めたがらないんですよね・・・。

トイレに行きたい!気分が悪いときは?

でも、何時間も延々と作業を続けるのはしんどいし、トイレに行きたくもなるし、
どうしてもってときは社員さんに(帽子のラインで役職を見分ける)、
手を挙げて訴えるしか方法はありません(^_^;)

気分が悪くなった場合も同じで、無理に我慢すると逆に迷惑がかかるので、
速やかに申告することをおすすめします。

私は、何度かお手洗いに行きたいと訴えていましたが、
常識的な回数であれば、とくに怒られることはありませんでしたよε-(´∀`*)

服装や身だしなみ

パン工場の短期バイト中の服装は、
つなぎの作業着にエプロンと頭巾タイプの帽子をかぶって作業。

ちなみに、帽子の中心には名札が付けられていました^^

手先もかなり細かく使っていくので、
ぴっちりした青色のビニール手袋を2重でしていたと思います。

口元は、マスクか口を覆うような帽子の構造になっていたはずですね。

私は、過労で休憩時間中にうっかり唇を噛み締めて眠ってしまい、
気がついたら唇が2倍に腫れ上がるという、とんでもない経験をしました(・_・;)

マスクのあるバイト先で助かりましたが、
鏡を見て衝撃を受け、さすがに自分にツッコミたくなりましたよ・・・。

アクセスと駐車場は要確認

パン工場は、だいたい駅から徒歩15分から20分くらいのところにあることが多い印象。

私は基本的に電車通勤派でしたが、
場所によっては、車やバイクや自転車の通勤も認められていましたね。←とくに田舎

でも、そんな場合に多いのが結構駐車場が遠いってパターン!

車通勤にしたら、余裕を持って出勤しないとかえって大変なことになるかも(^_^;)

パン工場の短期バイトのメリット

私が短期バイトしていたパン工場では、
休憩時間中、食堂に並べられているパンは無料で食べてもよい事になっていました(^o^)

ただし、パンを持ち帰るのはNGで、その場で食べる分だけ無料!

といってもそんなに食べれませんし、無料のパンの種類は日替わりですが限られています。

もちろんパンが苦手なら、社員食堂で食事をしてもよくて、格安で食事が食べられましたよ。

ただし、社員食堂は自販機以外、現金は使用不可のことが多いので、
カードキーで給料から天引きのパターンか、
クレジットカードやアプリでの支払いになりますから注意してくださいね^^

パン工場の短期バイトの体験談のまとめ

パン工場の短期バイトはイベントシーズンで募集が増える時期が狙い目!

仕事内容も難しくないですし、時給もまあまあ、
多少仕事がキツくても短期だからと割り切れて、サクッと稼げるので魅力があります♪

ただし、大手の製パン工場では配属される課によって、忙しさが全然違うみたいで、
私が配属された和菓子課は、その頃一番の忙しさだったそうです。

よくレギュラーバイトさんたちに、『なんで、和菓子課にしたの?』って聞かれましたけど、
配属先なんて、短期バイトは自分じゃ決められなかったんですよ!

ちなみに噂によると、当時は食パン課がわりとラクという評判で、
ドーナツ課は油の匂いで気分が悪くなる人が多いとか聞いたことがあります(^_^;)

でも、私は和菓子課と洋菓子課でしか短期バイトしてないので、本当のことはわからないんですけど、
ライン作業のスピードに慣れて、もくもくと作業するのが好きな人にはおすすめのバイトですよ^^

タイトルとURLをコピーしました