ピッキングのバイトの体験談|ゲーム感覚あり?

宅配スーパーのパン ピッキングのバイトの体験談 登録バイトの体験談

ピッキングのバイトの体験談といっても、
お仕事の内容はピッキングする商品によっていろいろ。

私は以前に単発バイトで、宅配スーパーの商品をピッキングしたことがあって、
今回はその体験談についてお話しますね。

共同購入で有名な宅配スーパーの中でも、
私がピッキングで扱ったのは「パン」です(*^^*)

薄暗い倉庫の中で、流れてきたいろいろな種類のパンの中から、
自分が必要な種類のパンを必要な数だけ、
とにかく自分の所に引っ張り込む、そんなバイトでした・・・。

今でもこのやり方で作業をされているかはわかりませんが、
ちょっと変わったバイト体験で、どことなくゲーム感覚な気がしましたね。

ピッキングのバイトの体験談

ピッキングの単発バイトに応募してみたけど、
そもそもピッキングってなんだろ?

なんて感じで、ピッキングのバイトを始めた当時は、
全くピッキングに対する知識がなかった私(^_^;)

そんな私と同じような気持ちの人も大丈夫!

ピッキングが何なのか明確に理解していなくても、
バイトはできますのでとりあえずご安心くださいね♪

ピッキングって何?

ピッキングは、注文書や伝票、作業指示書などのリストを基に、
商品を取り出したり、収集したりするピックアップ作業のこと。

ピッキング作業をするためには、
注文データや納品リストなどの指示書をあらかじめ機械に読み込ませて、
ピッキング担当者は、その指示(リスト)通りに
商品を集めると言ったほうがわかりやすいかも(^_^;)

また、ピッキングには2種類あって、
大きく分けて『シングルピッキング』と『トータルピッキング』があるのだとか。

シングルピッキング

まず、シングルピッキングというのは、個別注文ごとにピッキングする方法のこと。
別名は『摘み取り方式』というそうです。

ピッキング方法の中でも、最も基本的な作業方法がシングルピッキングで、
通販系の物流倉庫の主流の方法になっていることが多いですね。

トータルピッキング

次に、トータルピッキングですが、こちらは複数の受注に対して、
最初に総量をまとめて取りだしてから、
さらに細分化して受注別に仕分けする作業方法のこと。
別名は『種まき方式』ともいうそうです。

トータルピッキングは、少ない作業員で効率よく作業ができるのがメリットですが、
仕分け作業が追加発生しますし、そのためのスペースも必要になる方法。

また、私がやっていたパンのピッキングはちょっと変わったやり方でしたが、
おそらくシングルピッキングに該当すると思います。

ピッキングの仕事内容|宅配スーパーのパンの場合

まず、ピッキングを担当するメンバーは、
スターターとキーパーとピッキング担当に分かれていて、
リーダー格の人がだいたいスターターとキーパーになってました。

私は、期間限定の派遣でバイトに入ったので、当然ピッキング担当なんですが、
慣れてない人は、なるべく扱いやすいパンの担当に割当られてましたねm(_ _)m

でも、慣れてくると、大型のパンやピッキングしにくい形のパン、
壊れやすいパンなどを扱うことになり、見ているだけで大変そうな感じ。

私は完全初心者だったので、ピッキング担当者の中でも中間地点に配置されて、
型崩れのないような温泉パンなど硬いパンや日持ちするパンなどを担当してましたよ♪

ちなみに、このとき初めて『温泉パン』という栃木県喜連川名物のパンを知り、
気になって後日購入して食べてみると、
どっしりとしたやや硬めの生地のパンは素朴な味でほっこり(*^^*)

ちょっと話がそれましたが、このパンのピッキングバイトのやり方は、
まず、スターターの地点からキーパーの地点に向かって、3種類ほどパンが流れていきます。

自分の担当するパンは4~5種類あって、予め決まっていますが、
自分がピッキングするパンが流れてきたときは、
該当の商品のランプが点灯して数量が表示されるので、
その数だけ該当するパンを急いで自分の番重までピッキングしてくるんです!

パンがピッキングできたら手元のボタンを押してランプを消せばピッキング完了(^o^)

パンは、連続してどんどん流れてくるので、
1種類ピッキングしたからといって終了するわけではありません。

パンをピッキングするたびに、ピッキング担当が手元のランプをバシバシ叩くので、
まるでテレビの早押しクイズみたいでしたね・・・。

パンのピッキングの注意点

パンのピッキングは種類がたくさんあるし、
個人の注文ごとのピッキングになるので、リストも膨大。

なので、ある程度はスピード勝負になる場合も。

最初は、コンベアーのスピードが遅いので、
私のような初心者でもついていけるので大丈夫なのですが、
コンベアーの速度が上がると、途端にピッキングが大忙しに!!

しかも、ときどき連続して3個、5個、6個、5個といったように
間髪入れずにピッキングが重なっても、コンベーアーは止まってくれないので、
自分の前を通過するまでに、パンをすべて抜き取らなければならず、
かなりフットワークを要求されました(^_^;)

パンのピッキングのバイトと聞いて派遣されたのに、
まるでスポーツをやっているようなゲームにも似た感覚で、
ものすごく反射神経を必要とされるバイトだと、びっくりした記憶がありますね。

ピッキングに向いている人、向いてない人

さきほどもお伝えしましたが、私が体験したパンのピッキングのバイトは、
ベルトコンベアーに乗ってパンが流れてくるので、
必要数だけ抜き取るというフットワークが必要となってきます。

身体を動かすのが苦手な人や、動体視力が追いつかない人は、
かなり大変な思いをするかもしれませんが、
普通に運動ができる人(スポーツ万能とか得意という意味ではないです)なら、
やっていればそのうち慣れると思いますね。

そんなバイトだったので、わりと若い人も多くて、
機敏に動けそうな人が多かったかも。

自分のペースでできるバイトではないし、ピッキングリストに沿った仕事になるので
リストの内容や量にも左右されてしまいますし・・・。

その点からみれば、ちょっと向き不向きがあるなって感じました。

2斤の食パンなんかは大きいし、自分のエリアに引き込みにくいですし、
身長が低いとパンに手か届きづらかったりして、苦労することも正直ありました。

でも、たいてい作業系のバイトは低身長だと大変なことも多いので、
もう慣れっこになっちゃいましたけどね(´∀`*)

ピッキングのバイトの体験談のまとめ

ピッキングのバイトといっても、方法はいろいろあるので、
やってみないとわからないことも多いのが、このバイトのつらいところ。

流れ作業ではなく、倉庫からカートに必要商品をピックアップするような、
ピッキング方法のバイトなら、自分のペースである程度できるので、
コツコツタイプさんでもできると思います。

でも、私が経験したような、流れてるくパンを抜き取るというピッキング方法は、
反射神経と動体視力が必要なのは否めません。

ピッキングのバイトの体験談からいえることは、
事前にどんなものをどんな方法でピッキングするのか、
確認できるようであれば、確認しておくことが大切!

予めある程度の内容が分かれば、
バイトするピッキング内容が自分に向いているか向いてないか見極められて、
アルバイトのミスマッチが防げると思いますよ^^

タイトルとURLをコピーしました