NVIDIA GRID

グラフィックス高速仮想デスクトップ

NVIDIA GRID™ は、NVIDIA GPU テクノロジの機能を仮想デスクトップおよびアプリケーションに拡張し、デザイナーから、モバイルのスペシャリスト、オフィスで働く人々にいたるすべての人が夢中になれる高品質のユーザーエクスペリエンスを提供するグラフィック仮想化プラットフォームです。

主な利点

展開の簡素化
ソリューション設計のあて推量や、インフラストラクチャがコスト効果の高いパフォーマンスに最適化されていないことによる非効率、活用不十分、サイズ不足というリスクが回避されます。今回、NVIDIA GRID モニタリングインサイトを活用して、調査および概念実証のフェーズ中に GPU 利用状況を簡単に把握し、最適なユーザーエクスペリエンスを初日から保証できるようになりました。

予防的管理
反動的反応を脱却して、パフォーマンスの問題に移行します。NVIDIA GRID モニタリングインサイトにより、IT ではユーザーエクスペリエンスに影響する消費トレンド問題にならない範囲のしきい値を作成できます。

サポートの迅速化
長い問題解決サイクルとインフラストラクチャチーム間での堂々めぐりの責任追及が解消されます。NVIDIA GRID モニタリングインサイトを使用することにより、IT において GPU ボトルネックとユーザーエクスペリエンス問題の分離と関連付けを迅速に行えます。これにより、ヘルプデスクのコスト削減を促進し、ユーザーの快適性を維持できます。

 

一般的なVDI

VDI+仮想GPUテクノロジー

Windows10のVDI化

  • 従来VDI 化が困難であったグラフィクワークステーションを仮想化する技術
  • 通常のVDI のメリット(リソース集約、集中メンテナンス、セキュリティ強化、BYOD、ロケーションフリーなど)が享受できると共にハイグラフィクスなアプリケーション(3D CAD/CAE プリポスト/CG コンテンツ制作/医療画像など)が利用可能
  • Win10/Office2016 では512MB以上のグラフィックスメモリを必要とするため、VDI 化の際にGPU リソースを用意しておく必要があります

 

対応アプリケーション

NVIDIA GRID ソフトウェアエディション

NVIDIA GRIDには、ユーザーのニーズをサポートする高速仮想デスクトップを提供する3つのエディションが用意されています。いずれのエディションも、年間サポート、更新および保守サブスクリプション(SUMS)付き永久ライセンス、または年間サブスクリプションとして購入することができます。

 仮想デスクトップ
 RDSHアプリホスティング
 Windows ゲストOS N/A
 Linux ゲストOS N/A
 最大画面数 N/A 4 4
 画面あたりの最大解像度 N/A 2560 × 1600 4K (3840 × 2160)
 NVIDIA Quadro
ソフトウェア機能
 CUDA & OpenCLサポート(*1)
 GPUパススルーサポート
 対応のvGPUプロファイル(フレームバッファとGPUあたりの最大ユーザー数)
 512MB
(GPUあたり最大16ユーザー)
(*2)
 1GB
(GPUあたり最大8ユーザー)
(*2)
 2GB(GPUあたり最大4ユーザー)
 4GB(GPUあたり最大2ユーザー)
 8GB(GPUあたり最大1ユーザー)

(*1) 8GB vGPUプロファイルのみで利用可能
(*2) 画面あたり2560×1600の最大解像度を2画面まで利用可

 

NVIDIA GRID vGPUプロファイルリスト

NVIDIA GRID TESLA PASCAL VGPUプロファイルリスト


グローバルサポート 国内サポート
メンテナンス  最大の全てのメンテナンスリリースと問題解決
および セキュリティパッチの提供
アップグレード  機能強化と新しいハードウェアのサポートを含む
全てのメジャーバージョンリリースの提供
長期ブランチメンテナンス  製品提供日より最大3年提供
ダイレクトサポート  顧客固有の問題のタイムリーな解決のために
エヌビディアの直接サポート
サポート提供時間  24時間対応  土日祝日を除く平日9~17時
対応言語  英語  日本語
ナレッベースアクセス  〇  ×
ウェブサポート  〇  ×
電子メールサポート  〇  〇
電話サポート  〇  〇

 

順次掲載予定